千葉の空き家・千葉空き家相談センター

の評判

様々な問題が空き家の管理不足により千葉でも起こる

住居に関するトラブルは直面しない限り身近には感じないものです。しかし、相続により戸建てを譲り受けた場合や逆に近隣で空き家があった時に、どうすれば良いかわからず困ってしまう事態は少なくありません。千葉に空き家をお持ちの方にも、千葉に親族がいて今後その住まいに関わる可能性がある方にも、空き家の放置によって起こる諸問題を知り、管理代行や修繕、売却を考える機会を作っていただきたいと考えております。空き家の問題をお客様に呼びかけながら、その問題解決に努めます。

住まれていない戸建ては地域によりどれほど件数が違うのか

居住者のいない住まいを判断する材料には、総住宅数のうち別荘やセカンドハウスを除いた空き家の割合と、利用されない物件自体の件数の2種類あります。平成30年の調査を基に日本全国を見た時、その割合が高いのは高知県や愛媛県、山梨県、和歌山県などでした。そして、住まれていない物件数そのものが多いのは、東京都や大阪府、神奈川県などでした。一口に居住者のいない物件が多いと言っても、見方によってその結果は大きく異なると分かります。

千葉県について見てみると、利用されない住宅の割合は約12パーセントと全国的にも少ないのに対し、住宅そのものの件数は約35万戸で、別荘や賃貸などの住宅を除いた場合でも件数が約13万戸と全国的にも多い都道府県に属します。割合が年々増加している事を考慮すると、利用者のいない物件の数はこれからも増加する可能性があると考えられます。

自治体から勧告を受ける事で変化する物件のコスト

住宅を手入れせず放置していた場合、その所有者には様々なデメリットがあります。住居を調査した結果、倒壊の危険や衛生面における近隣への悪影響があったり、景観を損ない放置が不適切と判断されたりした住居は「特定空家」に指定されてしまいます。この時点で助言や指導がなされますが、応じなかった場合は自治体から勧告を受ける事になり、住宅が「住宅用地の特例措置」から除外されます。それでも無視を続けると命令が下り、その後は行政代執行がなされる場合があります。

「住宅用地の特例措置」から除外された場合、固定資産税の優遇が無くなるためその金額は何倍にもなってしまいます。そして、自治体から命令を受けた場合にも最大50万円以下の過料が科されます。「特定空家」の指定は原因を改善する事で解除されるので、千葉で空き家をお持ちの方にとっても、後から高額な税金を払う事態に陥らないよう、は早めの対応が一番重要であると言えます。

持ち主にとって住まない住宅にリフォームを行う理由は何か

リフォームはその内容ごとに様々なメリットが存在します。例えば外壁の場合、年数の経過した住まいは汚れが目立ち見た目の美しさが損なわれてしまうだけでなく、ひび割れは内部に雨水が浸入し壁そのものを劣化させたり木造の柱を腐らせたりする原因となります。外壁塗装を行えば、外観を綺麗にできる上に、住まいを守り寿命を延ばせます。見た目の良さと耐久性を保たれているのはそのまま資産価値を高差にも繋がるので、空き家の売却を考えると非常に効果的だと言えます。

外壁塗装以外にも、屋根の修繕や庭木の手入れなどは物件の見た目を高め、購入者にも良い印象を与えます。自分の住む家を千葉に構える時はもちろんですが、譲り受けた家を手放す時や賃貸で貸し出す場合にも、住宅にリフォームを施すのはとても有益です。今後を見越して住宅の扱いを考える際には、そのお手入れを選択肢に入れる事をおすすめします。