千葉の空き家・千葉空き家相談センター

のお客様の声

全国的にも千葉でも多い空き家の減少が進まない要因は

問題が解決しないのには何かしらの要因があります。千葉を含め日本全国で空き家の件数が思うように減少しない背景には、多くの要因があると考えられます。住宅の管理や定期的な修繕、中古物件の売買は、この要因の解決の足がかりとなるものばかりなので、千葉で多くのお客様が空き家管理や物件の売却を前向きにとらえる事が私たちの目標の一つです。住宅に関する問題は時に取り返しのつかない事態になる可能性を持っていますが、しかるべきサービスを利用すれば持ち主の負担にさせない事もできます。

管理のされない住宅で起こりうる事件や事故の危険性

住宅の管理を怠るとその所有者に不利益がありますが、空き家を放置するのは他にも様々な問題があります。建物自体が傾いている場合、歪みにより一部に大きな力が加わり倒壊してしまうかもしれません。住居が倒壊すれば近隣に大きな迷惑をかけるだけでなく、倒壊に巻き込まれた方がいたら取り返しのつかないことになってしまいます。他にも浄化槽やごみなどを放置した場合、臭いや虫による害が発生し、周りの生活に大きな悪影響を与えてしまいます。

たとえそのお家が望んで手にした物でないとしても、その責任は所有者にあります。周りとのトラブルで傷つく人を生まないためにも、住宅の管理は欠かせません。困った際は抱え込まずに、いつでもお問い合わせください。一人では困難な住宅管理をサポートするため、千葉エリアでお客様の要望をしっかり聞き、大切な住まいの定期確認に尽力いたします。

居住者のいない物件の劣化や減少が進まない事の原因は

各地で利用者のいない住居による問題が起こっているのに、その件数は劇的に減る事はあまりありません。空き家を放置して良い事は無いのに減らすのが難しいのは、修繕や管理にかかる費用と、売却の難しさにあります。「家は人生で一番大きな買い物」と言いますが、その維持にも少なからずコストがかかります。長期的な管理の大変さや財政の急な変化により住居の管理に手が回らない方も少なくないはずです。

管理できないのであれば手放すのが普通かもしれませんが、物件の場合特に、買ってくれる方がいなくては売却ができません。家屋も土地も決して安いものではないため、立地や資産価値を吟味すると買い手がつかない住居は千葉にもあるはずです。これらの問題は所有者だけのものではなく、自治体や住宅管理を担う専門業者によるサポートも必要とされます。住宅の管理と売却では協力できる事が多くありますので、お客様の悩みに寄り添い続けます。

購入者が中古物件でチェックしているポイントとは

最近は特にリフォームのニーズが高まっており、中古物件の補修や住んでいる家の改装を考える方が増加しています。物件を購入するにあたって多くの購入者が気にするのは、築年数や立地、そして内部の状態です。年数や立地は後から解決できる問題ではないため、空き家の所有者にとって力を入れたいポイントは内装や修繕と言えます。外壁や扉、窓が綺麗に保たれており、内装にも目立った汚れが無ければ、購入者に魅力的な物件であると感じていただけるはずです。

しかし最近では手抜き工事やリフォーム詐欺も一部で流行しているため、見た目の良さ以外に内部の状況にも注意を向けられる事があります。お客様が満足できる売却を実現するため、そして購入いただいた方に新しい住宅でより良い暮らしを届けるため、千葉エリアの住宅のチェックを徹底し、売却に向けた最適なリフォームのプランを提供いたします。